Sightseeing

ホテル周辺の沖縄スポットをご案内

メインイメージ01
メインイメージ02
メインイメージ03
メインイメージ04
メインイメージ05

周辺ガイドマップ

  • 沖縄美ら海水族館

    車:約75分沖縄美ら海水族館

    「沖縄の海との出会い」をコンセプトに、イノー(沖縄の方言でサンゴ礁の縁の浅瀬のこと)、珊瑚礁、深海と様々な海の生物を紹介しており、なかでもジンベエザメやナンヨウマンタは大人気。
    水量7,500m³にもなる世界最大級の大水槽『黒潮の海』を彼らが悠々と泳ぐ様は圧巻です。

  • イオンモール沖縄ライカム

    徒歩:約20分イオンモール沖縄ライカム

    「東南アジアを代表するNo.1リゾートモール」を掲げ2015年4月25日グランドオープン。
    ショッピングはもちろん、「メイド・イン・ジャパン」の文化や、日本・沖縄発の本格的な食のエンターテイメントを体感できる県内最大のショッピングモールです。

  • アメリカンビレッジ

    車:約15分アメリカンビレッジ

    約11haの広大な敷地に出現したショッピング&アミューズメントの複合施設。
    8つのスクリーンを持つシネマコンプレックス「7PLEX+1」やショップ、ライブハウスなどが軒を連ねる。レンガ歩道やヤシの木がアメリカ西海岸の雰囲気を演出している。

  • 座喜味城跡

    車:約40分座喜味城跡

    1416年-1422年に護佐丸(ごさまる)が築城したグスク(城)であるとされている。城門のアーチに楔石を用いており、アーチ門では古い形態とされる。ロケーションもよく、近くには米軍楚辺通信所・通称「象のオリ」も一望できます。

  • 読谷やちむんの里

    車:約35分読谷やちむんの里

    最近では那覇市壺川が住宅に密集してきたので、焼き物を焼くには環境的に無理が生じてきた為に窯場は読谷村の座喜味城跡の近くにあるやむちんの里の方に移っています。

  • 東南植物楽園

    車:約25分東南植物楽園

    ヤシなどの南洋系の植物を中心にウォーターガーデンとエスニックガーデンからなる植物園です。本土の樹木と異なる熱帯の木々を鑑賞するのにはもってこいの場所です。

  • サンセットビーチ

    車:約15分サンセットビーチ

    北谷町美浜のアメリカンビレッジにあり、夏にはビーチパーティが盛んに行われ賑わっています。また、周辺にはいろいろなお店があるので、ショッピングを楽しむこともできます。

  • アラハビーチ

    車:約10分アラハビーチ

    観光スポットとしておなじみの北谷町美浜から車で約5分。サンエーハンビータヌンの向かいにあり、周辺にはフリーマーケットやレストランなどお楽しみスポット満載!!

  • コンベンションセンター

    車:約20分コンベンションセンター

    宜野湾市真志喜にあり、隣接してビーチやマリーナ、海浜公園、屋外劇場、体育館、野球場などの施設があり県内外の様々な企業や団体のあらゆるコンペンションやイベントに対応できる。

  • 普天間飛行場

    車:約20分普天間飛行場

    宜野湾市のほぼ中央に位置するアメリカ海兵隊の飛行場である。別名を普天間基地という。2,700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。

  • 嘉手納飛行場

    車:約25分嘉手納飛行場

    別名、嘉手納基地とも呼ばれ、約19.95k㎡、4,000m級の滑走路2本を有し、200機近くの軍用機が常駐する極東最大の米軍空軍基地である。

  • 海中道路

    車:約30分海中道路

    勝連半島からまっすぐ伊計島方面に沿って進んでいくと、海中道路に出ます。屋慶名(やけな)から平安座(へんざ)島を結ぶ約5kmの道路です。海岸も人口ビーチとしてきれいになっていて、天気の良い日には、ウインドサーフィンなどを楽しむ若い人達で結構にぎわっています。

  • 勝連城跡

    車:約25分勝連城跡

    勝連城が最も栄華を極めたのは15世紀の阿麻和利(あまわり)の時代で、城址の南側の海岸に港があり、ここを拠点に海外との交易で栄えたという。頂上からのロケーションはすばらしく、中城湾と金武湾が同時に眺望でき、英雄・阿麻和利の気高さが感じられる。

  • プラザハウス

    車:約10分プラザハウス

    日本ではじめてのショッピングセンターがプラザハウスショッピングセンター。米軍占領下時代に誕生し、典型的なアメリカ型モール、沖縄の強烈な陽射しを避ける低くて深い庇、人々をリズミカルに回避させるジグザグの店の並びは当時からまったく変わらず、モダンな建築構造はシンボリックな存在として多くの人々に愛されています。700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。

  • 佐喜真美術館

    車:約20分佐喜真美術館

    佐喜眞美術館は普天間基地を見下ろす丘に建つ個人美術館。国連出版の「世界の平和博物館」にも収録されている建物は、6月23日(慰霊の日)の太陽の日没線に合わせて作られている。

  • 中村家跡地

    車:約10分中村家跡地

    現存する建物は18世紀中頃に建てられたと伝えられています。建築構造は、鎌倉・室町時代の日本建築の流れを伝えていますが、各部に特殊な手法が加えられて、独特な住居建築になっています。

  • 中城城跡

    車:約10分中城城跡

    中城城は、尚泰久王(しょうたいきゅう)時代(1454年~1460年)に、護佐丸が築いた城とされていますが、はっきりとした年代は不明です。現在では世界遺産として登録されています。

  • 斎場御嶽

    車:約45分斎場御嶽

    2000年11月、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産に登録されました。
    琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地であり、現在でも「聖なる空間」として手厚く守られている場所です。

  • 残波岬

    車:約45分残波岬

    残波岬は東シナ海に面した沖縄本島最西端の岬です。
    慶良間諸島まで眺望できる絶景から観光地として人気があり、地元の人からは磯釣りやダイビングのポイントとしても愛されています。

印刷用のPDFを開く

おすすめ観光プラン